複数の学校に合格した場合の学校選びについて。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

中学受験が終わった直後は、実はかなり大切な時期です。
中学受験に見事成功された合格者の方は、複数の学校に合格されていることが多いでしょう。

例えば関西であれば、灘・東大寺・西大和など全くタイプの違う学校に全て受かる生徒さんもいらっしゃいます。
本命が1つに決まっている場合は特に問題ないかと思いますが、良い学校に2つ、3つと通っている場合はかなり悩まれるかと思います。
中高6年間を過ごす学校選びですので、しっかり考えてから選びたいところですね。

まずはやはり「学校の先生の雰囲気」から判断されるのが良いでしょう。
特に、校長先生や教頭先生の雰囲気は学校の顔です。どんな方針で学校運営をしているのかはこの先生方の雰囲気や話し方を見ていれば、つかめてくると思いますよ。
中学受験の際の説明会には必ず赴き、先生方の雰囲気を感じておきましょう。

また生徒さんたちの雰囲気や「合格実績」も見ておきましょう。
進学校では、先生たちがある程度受けさせる大学を指導します。
東大・京大にはたくさん受かっていても「医学部には通っているのだろうか?」と調べてみたりして、それぞれの進学校の進学先の特徴をよく見ておきましょう。
中学受験を乗り越えることも大事ですが、中学受験後のこともしっかり考えて進路を決めていくべきでしょう。